スポンサーリンク
このサイトに来られる方で「にじさんじ」ってなに?
となる方はいらっしゃらないと思います。
それでは、にじさんじが毎週ラジオ放送を配信していることはご存知ですか?
意外と知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ここでは、にじさんじラジオについて・・・
もとい、『にじさんじpresentsだいたいにじさんじのらじお』についてお伝えしていきます。
スポンサーリンク

にじさんじラジオ

にじさんじはすでに幅広いジャンルを手掛けてきました。
Youtubeを始めとしてVTuberアニメやAbemaTV、コミックマーケットそして最近では幕張でのライブなど。
今ではVTuber業界を牽引する存在となっています。
そんな中で、2019年10月より新たにラジオ放送デビューいたしました!

  • 配信タイトル
    にじさんじpresentsだいたいにじさんじのらじお
  • 配信日時
    毎週日曜日のだいたい2時~3時
    (正確には午後2時30分~2時59分まで)
  • 放送内容
    毎月パーソナリティ担当者を変え、ゲストで訪れるメンバーに関してお話をするものとなっています。
    基本的にはYouTubeで行われている雑談みたいなものに近いかもしれません。

    迎えるゲストの人柄を深堀りしたりユーザからのお便りコーナーを設けたりなどしています。
    が! そこはやはりラジオならではの雰囲気が味わえるものとなっています。

    とくに、ラジオではお馴染みのスタッフの笑い声などが入るシーンなどではYouTubeでの配信とはまた一味違った雰囲気を味わえると思います。
 
  • 配信先
    超!A&G+ (初アクセスの場合は、アンケートの回答が必要です)

  • だいさんじらじお公式Twitter
  • コーナーへのメッセージ・お便りの送付先
    メール:nijisanji@joqr.net
    ハガキ:〒105-8002
    文化放送 超A&G+「にじさんじpresentsだいたいにじさんじのらじお」

本ラジオの略称名は「だいさんじラジオ」、Twitterでのタグは「#だいさんじ」となっています。
これは、いつでも炎上していいようにスタッフの計算のもと決まったものらしいです。
ちなみに「文化放送」さんで収録されているらしいですよ。

過去の放送

本ラジオは10月6日から配信開始しています。
だいさんじラジオを開始した、10月のマンスリーパーソナリティはもちろんにじさんじを代表する清楚担当の『月ノ美兎』となっています。
やはり、にじさんじの最古参ライバーなだけあります。
安定したトーク、そして委員長らしいエピソードが視聴者の笑いのツボをくすぐります。
本記事を掲載する10月23日現在では、すでに3回の放送が終了しております。
ラジオだから過去の放送は聴けないと思っている、そこのあなた!!!
安心してください!アーカイブが公式から公開されています!
以下にリンクを掲載しますので楽しんでいただければ何よりです。

第1回 だいさんじらじお

パーソナリティ:月ノ美兎
ゲスト:樋口楓


第2回 だいさんじらじお

パーソナリティ:月ノ美兎
ゲスト:葛葉


本記事を作成時点ではYoutubeチャンネルでは、アーカイブが未公開です。

第3回 だいさんじらじお

パーソナリティ:月ノ美兎
ゲスト:リゼヘルエスタ


注意事項

Youtubeチャンネルでのアーカイブは基本的には非公開にされることは無いようですが、1か月限定公開の場合もあるようなので早めにご視聴いただくことをお勧めします。

最後に

流石にじさんじ。いえ、いちから株式会社ですね。
いろんなユーザー層に手堅く確実にアプローチしてきます。
VTuber業界を牽引するだけのことはあります。
そのうち、TVのニュース番組のタレント枠として登場する日も近いかもしれませんね。
さて、ラジオに関しては10月のマンスリーパーソナリティは月ノ美兎となっていますが、来月のパーソナリティは誰になるんでしょうか。
誰でもパーソナリティとなりえるところが、約80名を抱えるにじさんじのすごいところですね。
強いて挙げるのであれば、月ノ美兎に続いて人気の高い本間ひまわりか魅了する声音の持ち主で安定感のある竜胆尊あたりをあててくるでしょうか。
普段は見られない組み合わせがあると思いますので、どうやって炎上するのか楽しみです。
声優がゲストとして参加される回まあると示唆されていますのでそれも期待の一つです。
以前、AbemaTVの「にじさんじのくじじゅうじ」という番組がありました。

配信機材やメンバーのスケジュールの都合上継続が難しく終了してしまいましたが
ラジオに関しては収録スタジオとパーソナリティとゲスト約2名?のスケジュール調整と、以前と比べ身軽に配信できるものとなっていますので、長寿番組となるのではないでしょうか。
今後の配信が楽しみですね。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事